暮らしの支援
Life Support

ホーム

暮らしの支援

金沢自立生活サポートセンター

金沢自立生活サポートセンター
(生活困窮者自立支援事業)

生活に困窮されている方の自立に向け、本人の状況に応じた包括的かつ継続的な相談支援を行っています。


【新型コロナウイルス】

「住居確保給付金」「緊急小口資金」「総合支援資金」

新型コロナウイルスの影響により収入が減少した方への家賃の支給(住居確保給付金)および

生活費の貸付制度(緊急小口資金と総合支援資金の2種類の特例貸付)を実施しています。

詳細は以下のページをご覧ください。



【金沢自立生活サポートセンター】

新型コロナウイルスの影響に関わらず、生活に困窮されている方の自立に向け、本人の状況に応じた包括的かつ継続的な相談支援を行っています。

■自立相談支援事業(生活の安定・自立に向けた相談支援)

仕事や生活の困りごとなどについて、専門の支援員が相談を受け、生活状況や課題を整理・分析します。

自立に向けた目標・支援内容を一緒に考え、これからの計画(支援プラン)を作成します。

様々な専門機関などとも連携し、就労や生活の安定などの目標に向けて、一緒に取り組みます。


■住居確保給付金の支給(離職・廃業・休業等により収入が減少した方への家賃相当額の支給)

離職などにより住居を失った方、または失うおそれの高い方に、就職活動をすることなどを条件に、一定期間、家賃相当額を支給します。

※一定の資産(預貯金)・収入等に関する要件を満たしている方が対象となります。支給額には上限があります。

令和2年4月20日から新型コロナウイルス感染症の感染拡大に対する支援の一環として、住居確保給付金の支給要件の拡大されました。

 これまで給付金の対象者、離職または廃業した日から2年を経過していない方とされていましたが、それに加えて、離職または廃業していないものの、給与等が減少して生活に困窮されている方も支給対象に含めることとなりした。

※令和2年7月3日に支給額の算定方法が一部変更となりました。


詳細は以下の「ご案内」「しおり」(PDFファイル)をご確認ください。


<お問い合わせ>

金沢市社会福祉協議会

受付時間:9:00〜17:00 土・日・祝日および年末年始はお休みです。

TEL:076-231-3571


家計改善支援事業(家計の立て直しに向けた支援)

家計の見直しなどを一緒に行い、家計管理に関する相談やアドバイスを行います。

必要に応じて法律相談等の専門機関へのつなぎ、公的な貸付制度のあっせん等を行い、生活の再建や自立に向けた支援を行います。                                                                        


■子どもの学習総合支援事業(中学生・高校生の学習支援と居場所の提供)

中学生・高校生を対象に、進学等に向けた学習支援と社会的な居場所の提供を行っています。

大学生のボランティアが、子どもの学力・ペースに合わせた学習の支援を行います。

※参加対象世帯の要件(収入等)については、お問い合わせください。


金沢自立生活サポートセンター パンフレット


相談受付時間

9:00〜17:45 ※土・日・祝日および年末年始はお休みです。

問い合わせ先

金沢自立生活サポートセンター
受付時間:9:00〜17:45 土・日・祝日および年末年始はお休みです。
TEL:076-231-3720
FAX:076-231-3560
Mail:support@kana-syakyo.jp